製品の概要

手術部門システムは、電子カルテオーダリング医事会計システムとの連携が図れます。手術予約の管理業務、術式・使用材料等の記録業務を省力化します。

  • 手術予約の管理をスピーディに行えます
  • 入退室時間・術式等を容易に変更できます
  • 材料・薬剤入力はバーコードで入力
  • Kコード入力による実施記録が可能
  • 手術管理台帳等の帳票を作成・管理

製品の特徴

電子カルテからオーダされた手術申込情報を取り込めます。手術室ごとに予定一覧の確認と予約確定がスピーディに行えます。

  • 入退室時間、術式や病名が手術予定と異なる場合でも、その場で変更できます。
  • 実施入力では「手術実施記録」「使用材料」「手術手技」を登録できます。
  • 手術材料に貼付されている保険請求ラベルのバーコードを読む込むことにより、使用した材料や薬剤を簡単に入力できます。
  • 実施記録の際、自動的に対応するKコードが表示され、記録された手術管理情報はそのまま、医事システムで取り込めます。
  • 手術予定一覧や手術管理台帳などの帳票を出力できます。


製品に関するお問い合わせ